Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産学共同で制御システム防御技術の実証実験 - テストベッド環境を活用

Virtual Engineering Community(VEC)は、制御システムを標的にしたサイバー攻撃の防御技術をテーマとした産学共同研究「つるまいプロジェクト」を開始した。テストベッド環境による実証実験を展開する。

同プロジェクトでは、名古屋工業大学大学院の制御プラント実験施設とNTTコミュニケーションズのVPNサービスを利用したテストベッド環境を活用。サイバー攻撃を再現しつつ、攻撃の防御に有効なセキュリティ技術や手法について研究する。

制御システムは、マルチベンダーで構成。制御製品そのもののセキュリティ機能や、セキュリティ製品の機能や性能について確認を進める。

同団体では、5月18日と19日に開催する「第9回制御システムセキュリティ対策カンファレンス」で、実証実験の中間報告を発表する予定。

(Security NEXT - 2017/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性登録は2867件、前四半期比1.8倍 - 「Linux Kernel」が210件で最多
中部電力ら、産学でセキュリティ分野を共同研究
NHNテコラス、セキュリティ人材の育成サービスを開始 - 制御システムのトレーニングプログラムも
2017年1Qのインシデントは4856件 - サイト改ざんが41%増
IPA、産業サイバーセキュリティセンターの運用を開始 - 模擬プラント演習なども
制御システム向け「FortiGate Rugged」に新モデル - 寒暖差激しい環境にも対応
NRIセキュア、「IoT」向けのセキュリティコンサルサービス
IPA、重要インフラや産業基盤分野のセキュ人材育成で受講者募集
【特別企画】スマホの先にあるIoTやAI時代のセキュリティ - 都内でシンポジウム
ソフトバンクC&S、機械学習でIoT機器の異常を検知「ZingBox」