Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

産学共同で制御システム防御技術の実証実験 - テストベッド環境を活用

Virtual Engineering Community(VEC)は、制御システムを標的にしたサイバー攻撃の防御技術をテーマとした産学共同研究「つるまいプロジェクト」を開始した。テストベッド環境による実証実験を展開する。

同プロジェクトでは、名古屋工業大学大学院の制御プラント実験施設とNTTコミュニケーションズのVPNサービスを利用したテストベッド環境を活用。サイバー攻撃を再現しつつ、攻撃の防御に有効なセキュリティ技術や手法について研究する。

制御システムは、マルチベンダーで構成。制御製品そのもののセキュリティ機能や、セキュリティ製品の機能や性能について確認を進める。

同団体では、5月18日と19日に開催する「第9回制御システムセキュリティ対策カンファレンス」で、実証実験の中間報告を発表する予定。

(Security NEXT - 2017/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
探索されるMQTT中継サーバ - 不用意な外部公開に注意を
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
日立とNEDO、多層的な監査で異常検知する新技術 - 制御システム向けに提供
制御システム利用事業者向けにリスク分析ガイド - IPA
日立、情報セキュリティ体制を強化 - セキュリティリスク統括本部を設置
日本初となるサイバーセキュリティ日米合同演習を実施 - 経産省
重要インフラなどへ対策サービス - NTTセキュリティ
エネルギー産業狙う攻撃グループ、年頭より攻撃活発化 - 制御システムへのアクセス狙う
丸紅情シス、GEデジタルの制御システム向けセキュリティサービスを国内展開