Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Officeゼロデイ脆弱性に対する大規模メール攻撃、国内影響なし - 12日以降沈静化

同問題に関して、トレンドマイクロにおいても4月10日から翌11日を中心に、ゼロデイ攻撃が展開されたことを確認。同社のクラウド基盤では、海外を中心に全世界で80万通以上のメールを検知したという。

20170413_tm_001.jpg
トレンドマイクロによる検知状況の推移

日本国内への影響について同社は、国内で攻撃メールを受信したケースは確認されておらず、ほとんど影響がなかったと分析。

また同月12日以降は攻撃が沈静化したという。

しかしながら、すでに脆弱性を悪用した攻撃が発生していることから、今後国内に対する攻撃が発生する可能性もあると同社は指摘。セキュリティ更新プログラムを早期に適用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
MTAの「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートでコマンド実行のおそれ
WP向け動画埋め込みプラグインに脆弱性
「Firefox 67.0.2」がリリース、Windows版の脆弱性を修正
「Minecraftサーバ」向けプラグインに脆弱性
「ColdFusion」に3件の深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
WP向け出勤管理プラグインなどに複数脆弱性
OSSのwikiシステム「GROWI」に2件の脆弱性 - アップデートがリリース
「VMware Tools」や「Workstation」に脆弱性