Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4社に1社がインシデント被害を経験 - 半数超が脆弱性突かれた被害

約4社に1社が、直近の会計年度に「マルウェア感染」「サイバー攻撃」「内部不正」などの被害を経験していたことがわかった。被害内容では、顧客情報の漏洩がもっとも多いという。

情報処理推進機構(IPA)が、従業員300人以上の企業に所属するCISO、および情報システムや情報セキュリティの担当者を対象に、2016年10月から11月にかけてインターネットでアンケート調査を実施したもの。有効回答数は755件。

同調査によると、直近の会計年度にマルウェア感染やサイバー攻撃、内部者による不正など、51.9%が攻撃を経験。内訳を見るとほぼ半数にあたる26.1%で被害が発生。のこる25.8%については、攻撃を受けたが被害は発生しなかったという。

20170414_ip_001.jpg
ウイルス感染、サイバー攻撃、内部不正による被害発生状況(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2017/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
県立校のセキュリティ監査を実施、7割強に問題 - 佐賀県
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
家庭内IoT機器、現存マルウェアからはルータで保護可能 - ただしルータへの侵入防護が条件
ネット通販の中古ドライブ、50台中15台にデータ - 8台に企業情報らしきファイル