Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、悪用確認されたIEゼロデイ脆弱性を月例パッチで修正

マイクロソフトが4月の月例セキュリティ更新で解消した「Internet Explorer」の一部脆弱性が、すでに悪用されていることがわかった。

問題のゼロデイ脆弱性は「CVE-2017-0210」。クロスドメインポリシーを正しく適用せず、脆弱性を悪用することでアクセスしているドメインの情報に対し、攻撃者が関係ない別のドメイン情報を注入することが可能となり、「権限の昇格」が可能になるという。

同脆弱性のみで任意のコード実行などはできず、深刻度は4段階中2番目にあたる「重要」。一方でリモートでコード実行が可能となる別の脆弱性と組み合わせて悪用されるおそれがあり、すでに悪用が確認されているという。

(Security NEXT - 2017/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
「Java SE」の脆弱性8件をアップデートで修正 - Oracle
WordPress向け動画埋込用プラグインにXSSの脆弱性
アーカイバ「Explzh」にディレクトリトラバーサルの脆弱性
「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
「VMware Tools」に権限昇格のおそれ - アップデートがリリース
ID管理製品「RSA Identity Governance & Lifecycle」に深刻な脆弱性
NEC製ルータやネットワークカメラに複数脆弱性 - 悪用には管理者権限必要
脆弱性緩和ツール「EMET」、7月31日にサポート終了 - 「Windows 7」環境などに影響