Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

深刻な脆弱性に対処した「Adobe Flash Player」のアップデート - 72時間以内に更新を

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開し、深刻な脆弱性を解消した。72時間以内のアップデートを呼びかけている。

20170412_as_001.jpg
7件の脆弱性へ対処したAdobe Systems

今回のアップデートは、メモリ破壊や解放後のメモリへアクセスする「use after free」など、CVEベースで7件の脆弱性へ対応したもの。

脆弱性を悪用された場合、システムの制御を奪われるおそれがあるという。

同社は、「Windows」「Mac OS」「Linux」およびブラウザ同梱版に対して最新版となる「同25.0.0.148」を用意した。

(Security NEXT - 2017/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」に深刻な脆弱性 - 更新を強く推奨
「Symantec Messaging Gateway」にRCEやCSRFの脆弱性 - アップデートで修正
「VMware NSX-V Edge」にサービス拒否の脆弱性
「Apache Tomcat」のキャッシュ処理などに脆弱性 - 既存のアップデートで対応済み
バッファロー製「WCR-1166DS」にOSコマンドインジェクションの脆弱性
「Adobe Experience Manager」に脆弱性、修正パッチがリリース
「Adobe Digital Editions」に深刻な脆弱性 - スマホ版にも影響
MS、月例セキュリティ更新で「緊急」25件含む脆弱性48件を解消
「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートがリリース - 深刻な脆弱性へ対応
「Adobe Acrobat/Reader」が脆弱性67件を修正 - 43件が「クリティカル」