Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セコムとルネサス、IoTセキュリティ基盤の開発で協業

セコム、セコムトラストシステムズ、およびルネサスエレクトロニクスの3社は、IoT機器同士の安全な連携を実現するセキュリティ基盤の開発に向けて協業した。

3社は、IoTを利用したサービスや、機器同士の連携に向けたセキュリティ基盤の開発で協業。IoTを構成するゲートウェイやエンドポイント機器において、電子証明書や暗号技術で用いる電子鍵などの機密情報を適切に管理、配信する機能を備えたシステムの構築と運用方法を検討するとしている。

エンドポイント機器に搭載される半導体の機密情報を組み込む技術についてルネサスの技術を活用。セコムトラストシステムズの認証局や電子証明書の発行、セコムによる物理セキュリティや運用基準、鍵の管理方法などのノウハウを連携させていく。

(Security NEXT - 2017/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
IoTに特化した脆弱性診断サービス - サイバーマトリックス
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン