Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セコムとルネサス、IoTセキュリティ基盤の開発で協業

セコム、セコムトラストシステムズ、およびルネサスエレクトロニクスの3社は、IoT機器同士の安全な連携を実現するセキュリティ基盤の開発に向けて協業した。

3社は、IoTを利用したサービスや、機器同士の連携に向けたセキュリティ基盤の開発で協業。IoTを構成するゲートウェイやエンドポイント機器において、電子証明書や暗号技術で用いる電子鍵などの機密情報を適切に管理、配信する機能を備えたシステムの構築と運用方法を検討するとしている。

エンドポイント機器に搭載される半導体の機密情報を組み込む技術についてルネサスの技術を活用。セコムトラストシステムズの認証局や電子証明書の発行、セコムによる物理セキュリティや運用基準、鍵の管理方法などのノウハウを連携させていく。

(Security NEXT - 2017/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
ビルシステム向けセキュリティソリューション - NTTセキュリティら
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア