Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「マイナンバー制度の更新が必要」とだますメール - 新年度のタイミング狙った攻撃か

情報システム機構(J-LIS)を装い、マイナンバーの更新手続きが必要などとだますメールが流通しているとして、関係機関が注意喚起を行った。

問題のメールは、「マイナンバー:新年度更新手続きについて」などといった件名で流通。「新年度更新にともない、マイナンバー制度の更新が必要となっております」などとだまし、「更新申請先」と称して無関係のリンクへアクセスするよう促していた。

情報システム機構では、このようなメールは送っておらず、今回の問題を受けて、同機構と総務省では同様のメールを受け取った場合に、URLをクリックしたり、添付ファイルを開かないよう、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
2017年12月のフィッシング報告数は1165件 - 「Apple」関連が6割
検索上位の詐欺サイトに注意 - 正規サイト改ざんで誘導されるケースも200件以上
「ヤマケイオンライン」への不正アクセス、一部個人情報の流出を確認
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
「Apple」装うフィッシング - 12月に入ってからも発生
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割