Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「マイナンバー制度の更新が必要」とだますメール - 新年度のタイミング狙った攻撃か

情報システム機構(J-LIS)を装い、マイナンバーの更新手続きが必要などとだますメールが流通しているとして、関係機関が注意喚起を行った。

問題のメールは、「マイナンバー:新年度更新手続きについて」などといった件名で流通。「新年度更新にともない、マイナンバー制度の更新が必要となっております」などとだまし、「更新申請先」と称して無関係のリンクへアクセスするよう促していた。

情報システム機構では、このようなメールは送っておらず、今回の問題を受けて、同機構と総務省では同様のメールを受け取った場合に、URLをクリックしたり、添付ファイルを開かないよう、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2要素認証のコードも窃取するフィッシング - SMSをきっかけに
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
フィッシング報告、URLともに3カ月連続で増加 - 偽Appleは短縮URLを愛用
「iTunesの支払キャンセル」で偽サイトへ誘導するフィッシング - HTMLファイルを添付
LINEのフィッシング、「2段階パスワードに更新した」とだます手口
6月はフィッシングサイトが1.5倍に - フィッシングメールは週末狙う傾向
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
添付PDFファイルから偽サイトへ誘導するフィッシング - HTTPS接続も利用
「LINE」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数サイトが確認される
米Akamai、悪意あるドメインへの接続防ぐソリューション