Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「マイナンバー制度の更新が必要」とだますメール - 新年度のタイミング狙った攻撃か

情報システム機構(J-LIS)を装い、マイナンバーの更新手続きが必要などとだますメールが流通しているとして、関係機関が注意喚起を行った。

問題のメールは、「マイナンバー:新年度更新手続きについて」などといった件名で流通。「新年度更新にともない、マイナンバー制度の更新が必要となっております」などとだまし、「更新申請先」と称して無関係のリンクへアクセスするよう促していた。

情報システム機構では、このようなメールは送っておらず、今回の問題を受けて、同機構と総務省では同様のメールを受け取った場合に、URLをクリックしたり、添付ファイルを開かないよう、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MUFGカード」や「セゾン」などクレカ利用者狙ったフィッシング - ほぼ同じ文面、一部に編集ミス?
4月にフィッシング報告が半減 - 誘導先URLや悪用被害のブランドも減少
「5358番ポート」や「22番ポート」へのパケットが増加 - JPCERT/CCが観測
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
MUFGカード装うフィッシング - NICOSやAMEX、JAカードなど関連ブランド狙う
「CAPTCHA」で巡回検知を回避? 「偽Appleサイト」 - HTTPS利用で安全演出も
2017年1Qのインシデントは4856件 - サイト改ざんが41%増
「MUFGカード」の利用者から個人情報だまし取る偽サイト - 類似攻撃にも注意を
「アカウントの更新が必要」とだます偽アマゾンにご用心
3月のフィッシング攻撃、報告減となるも誘導先URLは増加傾向