Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

英語学習サイトが改ざん被害、詳細は調査中 - 利用者に感染チェック呼びかけ

洋画を見ながら字幕で英語を学習する「スクリーンプレイ」のウェブサイトが不正アクセスにより改ざんされたとして、一時的に閉鎖した。

同サイトを運営するフォーインによれば、4月2日未明に不正アクセスを受け、ウェブサイトが改ざんされたという。現在は別のサーバで利用者向けの告知ページを公開している。

同社では、個人情報流出の可能性や改ざんの影響、原因などについては調査中としており、判明次第報告する予定。また改ざん後にサイトを閲覧した利用者に対し、マルウェア感染の確認を行うよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも
サイト改ざんが判明、外部へ誘導される状態に - 知多半島ケーブルネットワーク
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生