Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

英語学習サイトが改ざん被害、詳細は調査中 - 利用者に感染チェック呼びかけ

洋画を見ながら字幕で英語を学習する「スクリーンプレイ」のウェブサイトが不正アクセスにより改ざんされたとして、一時的に閉鎖した。

同サイトを運営するフォーインによれば、4月2日未明に不正アクセスを受け、ウェブサイトが改ざんされたという。現在は別のサーバで利用者向けの告知ページを公開している。

同社では、個人情報流出の可能性や改ざんの影響、原因などについては調査中としており、判明次第報告する予定。また改ざん後にサイトを閲覧した利用者に対し、マルウェア感染の確認を行うよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

葛飾区、改ざんで閉鎖していた施設サイトを再開 - 1カ月半ぶり
救急医療機関の情報サイトが改ざん被害、公開を停止 - 鳥取県
病院や施設など24サイトが改ざん - 北海道の医療法人
「ベネッセの介護相談室」が改ざん被害 - 外部サイトへ誘導
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
長野県の河川水位情報サイトが改ざん - マルウェア感染の可能性
大商、ワンコインのセキュリティ支援サービス - 中小企業向けに提供
東商マート、顧客情報流出の調査結果を報告 - 当初可能性を大幅に下回る規模
香川県立保健医療大のサイトに不正アクセス - 一部が改ざん
サイト改ざんチェックサービスに「WordPress」の脆弱性診断機能