Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

英語学習サイトが改ざん被害、詳細は調査中 - 利用者に感染チェック呼びかけ

洋画を見ながら字幕で英語を学習する「スクリーンプレイ」のウェブサイトが不正アクセスにより改ざんされたとして、一時的に閉鎖した。

同サイトを運営するフォーインによれば、4月2日未明に不正アクセスを受け、ウェブサイトが改ざんされたという。現在は別のサーバで利用者向けの告知ページを公開している。

同社では、個人情報流出の可能性や改ざんの影響、原因などについては調査中としており、判明次第報告する予定。また改ざん後にサイトを閲覧した利用者に対し、マルウェア感染の確認を行うよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイト改ざんチェックサービスに「WordPress」の脆弱性診断機能
サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - アリアファーム
1年以上にわたりサイトが改ざん状態、閲覧でマルウェア感染のおそれ - 大阪硝子工業会
三重県総合文化センターに不正アクセス、一部サービスを停止
フィッシング啓発サイトの改ざん、原因はPW管理不備 - 再発防止策講じて再開へ
WordPress脆弱性狙う複数の攻撃キャンペーン - すでに数万件規模の被害か
県教育情報システムのウェブサイトが改ざん - 宮城県
「鍵マーク」表示される偽Amazonに注意 - Googleの短縮URLで誘導
フィッシング対策協議会、サイト改ざんについて中間報告 - 原因特定できず
サイトが不正アクセスで改ざんなど被害、復旧済み - 東京往来館