Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOになりすました「SMS」に注意 - カード情報漏洩に便乗する電話も

GMOペイメントゲートウェイは、クレジットカード情報を聞き出そうとする電話や、同社グループ関係者を装うSMSが出回っているとして注意を呼びかけている。

同社によれば、「クレジットカード情報が流出した」などと不安を煽り、クレジットカード情報を聞き出す電話や、GMOの関係者を装うなりすましが発生しているという。

ショートメッセージ(SMS)を利用した架空請求と見られ、「GMOお客様専用窓口」を名乗ったケースでは、手続きがなければ強制執行手続きに移行などと不安を煽り、記載した電話番号へ、至急折り返し連絡するよう求めていた。

クレジットカード会社や政府機関、行政などがクレジットカードの流出に関連して連絡を取ることはなく、同社においても折り返し連絡を求めるSMSを送信することはないとし、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本語版「STOP. THINK. CONNECT.」のウェブサイトがリニューアル
2016年のフィッシング報告数、微減となるも1万件超 - 悪用被害ブランドが1.6倍に
利用者向けフィッシング対策ガイドラインが改訂 - メール中のリンクに注意を
カード会社装い「カードをロックする」と不安煽るフィッシング
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
偽Appleによるフィッシング攻撃が大量発生 - 半数以上でHTTPS接続
不正コピーの警告装い、Officeが利用できなくなるとだますメールに注意 - 偽サイトで情報詐取
5月のフィッシング報告数は386件 - 大半は「アカウントの不正利用」で不安煽る
2017年1Q、フィッシングサイトへ誘導されたユーザーが2割増
「ライン会社」名乗るフィッシング - 「アカウントが盗まれた」と不安煽る