Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOになりすました「SMS」に注意 - カード情報漏洩に便乗する電話も

GMOペイメントゲートウェイは、クレジットカード情報を聞き出そうとする電話や、同社グループ関係者を装うSMSが出回っているとして注意を呼びかけている。

同社によれば、「クレジットカード情報が流出した」などと不安を煽り、クレジットカード情報を聞き出す電話や、GMOの関係者を装うなりすましが発生しているという。

ショートメッセージ(SMS)を利用した架空請求と見られ、「GMOお客様専用窓口」を名乗ったケースでは、手続きがなければ強制執行手続きに移行などと不安を煽り、記載した電話番号へ、至急折り返し連絡するよう求めていた。

クレジットカード会社や政府機関、行政などがクレジットカードの流出に関連して連絡を取ることはなく、同社においても折り返し連絡を求めるSMSを送信することはないとし、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
フィッシング報告、URLともに3カ月連続で増加 - 偽Appleは短縮URLを愛用
「iTunesの支払キャンセル」で偽サイトへ誘導するフィッシング - HTMLファイルを添付
LINEのフィッシング、「2段階パスワードに更新した」とだます手口
6月はフィッシングサイトが1.5倍に - フィッシングメールは週末狙う傾向
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
添付PDFファイルから偽サイトへ誘導するフィッシング - HTTPS接続も利用
「LINE」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数サイトが確認される
米Akamai、悪意あるドメインへの接続防ぐソリューション
日本語版「STOP. THINK. CONNECT.」のウェブサイトがリニューアル