Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOになりすました「SMS」に注意 - カード情報漏洩に便乗する電話も

GMOペイメントゲートウェイは、クレジットカード情報を聞き出そうとする電話や、同社グループ関係者を装うSMSが出回っているとして注意を呼びかけている。

同社によれば、「クレジットカード情報が流出した」などと不安を煽り、クレジットカード情報を聞き出す電話や、GMOの関係者を装うなりすましが発生しているという。

ショートメッセージ(SMS)を利用した架空請求と見られ、「GMOお客様専用窓口」を名乗ったケースでは、手続きがなければ強制執行手続きに移行などと不安を煽り、記載した電話番号へ、至急折り返し連絡するよう求めていた。

クレジットカード会社や政府機関、行政などがクレジットカードの流出に関連して連絡を取ることはなく、同社においても折り返し連絡を求めるSMSを送信することはないとし、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
2017年12月のフィッシング報告数は1165件 - 「Apple」関連が6割
検索上位の詐欺サイトに注意 - 正規サイト改ざんで誘導されるケースも200件以上
「ヤマケイオンライン」への不正アクセス、一部個人情報の流出を確認
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
「Apple」装うフィッシング - 12月に入ってからも発生
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割