Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含む書類を海外研修先で紛失 - 中部大

中部大学は、学生の個人情報含む書類を、教員が研修先の海外で紛失したことを明らかにした。

同大によれば、3月11日、現代教育学部の海外研修中に、引率の教員が現地の路線バス車内に鞄を置き忘れて紛失したという。

所在不明となっている鞄には、パソコンと書類が入っていた。パソコンには個人情報は保存されていなかったが、書類には研修に参加した学生の氏名や性別、生年月日、国籍、学籍番号、学年や学部などが記載されていた。

(Security NEXT - 2017/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

卒業生の個人情報含む名簿を紛失 - 同志社大学政法会
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
メール送信ミスで講習受講希望者のメアド流出 - 香川大
学生情報含むUSBメモリを紛失 - 石巻専修大
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
会誌に一部会員の個人情報を誤掲載、データ抽出時のミスで - 九州大学造船会