Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含む書類を海外研修先で紛失 - 中部大

中部大学は、学生の個人情報含む書類を、教員が研修先の海外で紛失したことを明らかにした。

同大によれば、3月11日、現代教育学部の海外研修中に、引率の教員が現地の路線バス車内に鞄を置き忘れて紛失したという。

所在不明となっている鞄には、パソコンと書類が入っていた。パソコンには個人情報は保存されていなかったが、書類には研修に参加した学生の氏名や性別、生年月日、国籍、学籍番号、学年や学部などが記載されていた。

(Security NEXT - 2017/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 岐阜保健大
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
シンポジウム案内メールで誤送信 - 大阪市立大
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
教員免許更新講習の連絡メールで誤送信、メアド流出 - 山形大