Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の個人情報含む書類を海外研修先で紛失 - 中部大

中部大学は、学生の個人情報含む書類を、教員が研修先の海外で紛失したことを明らかにした。

同大によれば、3月11日、現代教育学部の海外研修中に、引率の教員が現地の路線バス車内に鞄を置き忘れて紛失したという。

所在不明となっている鞄には、パソコンと書類が入っていた。パソコンには個人情報は保存されていなかったが、書類には研修に参加した学生の氏名や性別、生年月日、国籍、学籍番号、学年や学部などが記載されていた。

(Security NEXT - 2017/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
フィッシング攻撃でアカウント乗っ取り、メールが不正転送 - 弘前大
教職員アカウントに不正アクセス、メールが外部へ転送 - 沖縄県立看護大
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
個人情報入りPCがドイツで盗難、発生は4カ月前 - 久留米大
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大