Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3月のフィッシング攻撃、報告減となるも誘導先URLは増加傾向

3月にフィッシング対策協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数は710件で、前月を73件下回った。LINEやAppleを装う攻撃の減少が影響したという。

20170404_ap_001.jpg
フィッシングサイトのURL件数推移(グラフ:フィ対協)

同協議会によると、3月に寄せられたフィッシングの報告件数は710件で、前月を73件下回った。

37カ月ぶりに200件を下回る低水準を記録した2016年10月以降、2017年2月まで4カ月連続で増加したが、3月は一転して減少となった。

背景には、LINEやAppleなど大手ブランドをかたるフィシング攻撃の報告が減少したことがあるという。

一方、マイクロソフトを装い、Officeのプロダクトキーが不正コピーされているなどとだます手口が報告されている。また仮想通貨関連サービスのアカウント詐取を狙ったフィッシングも確認された。

フィッシングサイトの誘導先に利用されたURLの件数は330件。前月を81件上回り、4カ月連続の増加となった。悪用されたブランド件数も前月から増加。6件上回り22件だった。

(Security NEXT - 2017/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発