Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本クレジット協会、若年層向けにクレカ啓発キャンペーン - イメージキャラクターは吉本実憂さん

20170404_jc_001.jpg
イメージキャラクターは吉本実憂さん

日本クレジット協会は、クレジットカードを利用する際のルールを啓発する「クレジットカード啓発キャンペーン」を開始した。

同キャンペーンは、おもに大学生や新社会人など若年層を対象に、クレジットカードを安全に利用するための基礎的なルールを啓発するもので、今回で6回目を迎えた。

女優の吉本実憂さんをイメージキャラクターとして起用。ポスターのほか、新聞や雑誌の広告、ウェブ広告、SNSなどによる広報活動を、6月30日まで3カ月にわたって展開する。

同キャンペーンでは、カードの暗証番号の適正管理のほか、ネットショッピングでカードを利用する際の情報管理、カードの貸し借りの禁止、伝票や利用明細の確認などを呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
Payment Card Forensicsが商号を変更 - 「P.C.F. FRONTEO」に
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
2018年2Qのクレカ不正被害額、1.2億円増 - 番号盗用が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
クレカ不正取引、平均単価が正規取引の2倍以上になることも
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か