Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

放送受信者の個人情報保護に関する指針 - パブコメに55件の意見

総務省は、「放送受信者等の個人情報の保護に関する指針」とその解説の改正案に対する意見募集の結果を公表した。55件の意見が寄せられたという。

同指針は、放送受信者の視聴履歴をはじめ、個人情報の適正な取り扱いについて、事業者が遵守すべき義務を明示したもの。改正が必要な項目を検討し、解説とあわせて1月17日にパブリックコメント案を公開。2月15日まで意見を募集していた。

今回、20の個人や団体、企業からのべ55件の意見が寄せられた。同省ではこれらの意見を検討し、考え方を示すとともに4カ所について修正。今後は結果を踏まえて告示の改正を行う予定。

(Security NEXT - 2017/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
県立校のセキュリティ監査を実施、7割強に問題 - 佐賀県
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
EUの十分性認定に向けた個人データ取扱ガイドライン案 - パブコメ実施
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱