Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改正個人情報保護法、3割強は全面施行までに対応まにあわず

すでに運用から1年以上経過しているマイナンバー制度に対する情報システムの対応状況を見ると、「完了」が38%で、前年の31.8%から6.2ポイント伸びた。一方、「対応中」は25.9%で、前年から6.1ポイント減少している。

推移を見ると、対応中だった企業が完了状態へ移行したに過ぎず、未着手の企業は前年からほぼ横ばいだという。対応が完了していない理由では、「システム化予算の不足」が25.6%でもっとも多い。

20170331_jp_002.jpg
マイナンバー対応状況(グラフ:JIPDEC)

(Security NEXT - 2017/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく
個情委、内定辞退率予測でリクナビに是正勧告
GDPR「適正に個人情報を移転」は34% - 3分の1は未対応
GDPRにおける日本の「十分性認定」、1月23日に決定予定
GDPRにおける日本の十分性認定、2019年に持ち越し
1月に「個人情報保護法シンポジウム」が都内で開催
Facebookに行政指導、不正な情報取得や不正アクセス問題で
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
欧州委員会、日本の十分性認定を閣議決定 - 手続きを準備
個人データの相互移転、日EUが最終同意 - 今秋に運用開始