Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「情報セキュリティ先進県」目指す大分県がIPAと協定 - 目標は今後5年間で登録セキスペ100人輩出

情報処理推進機構(IPA)は、大分県とサイバーセキュリティ対策に関する連携協定を締結した。同県では、県内における情報セキュリティの有資格者について目標を設定し、同機構の協力のもと人材育成を推進する。

20170328_ip_001.jpg
協定締結の模様。大分県知事の広瀬勝貞氏(画面左)とIPA理事長の富田達夫氏(画面右。画像:IPA)

同協定は、情報セキュリティの強化およびIT利活用の促進、人材育成を連携して取り組むことを目的としたもの。同機構が、都道府県とセキュリティに関する連携協定を締結するのは今回がはじめて。

同協定に基づき、同機構では同県および県内の市町村に対し、セミナーへの講師派遣や、情報セキュリティマネジメント試験と情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)に関する情報提供などを行う。さらに、IT利活用プロジェクトに対する専門的助言や、人材育成など支援する。

同県では「情報セキュリティ先進県」を目指すとしており、今後5年間で情報セキュリティマネジメント試験の合格者1000人、情報処理安全確保支援士の登録者100人を輩出することを目標に、人材育成を進めていく。

(Security NEXT - 2017/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
約6割のCISOが非役員 - 「課長級以下」も12.5%
若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
若手エンジニア支援「すごうで2018」、急病時に役立つウェアラブル端末について開発支援