Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

印影など顧客情報含む約5000件の書類が所在不明 - 大和証券

大和証券は、顧客情報が記載された書類が所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、神戸支店で1990年3月から2009年12月にかけて取り扱った申込書や伝票など約5000件の書類が所在不明となっているもの。顧客の氏名や住所、電話番号、口座番号、取引内容、印影などが含まれる。

紛失対象となる書類の正確な件数はわかっておらず、資料や過去のデータから5132件にのぼると見られている。

今回の紛失について、同社は2014年6月に同支店で書類の整理を行った際に誤って廃棄した可能性があると説明。書類の紛失に関する問い合わせなども寄せられていないという。

(Security NEXT - 2017/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含むUSBメモリを紛失、トイレで落下の可能性も - 愛媛県
統計調査員の個人情報含む研修名簿を紛失 - 大阪市
課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
顧客情報記載の資料を紛失 - 愛媛県の郵便局
個人情報含む工事図面を路上に置き忘れ - 大阪市
行政文書を紛失、誤廃棄の可能性も - 公取委
チケットの払込票控えが所在不明 - イベント制作会社
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 北海道情報大
関係者個人情報含む業務用携帯電話を紛失 - 国交省
年金未納者情報含むDVDを事務センター内で紛失 - 年金機構