Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

印影など顧客情報含む約5000件の書類が所在不明 - 大和証券

大和証券は、顧客情報が記載された書類が所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、神戸支店で1990年3月から2009年12月にかけて取り扱った申込書や伝票など約5000件の書類が所在不明となっているもの。顧客の氏名や住所、電話番号、口座番号、取引内容、印影などが含まれる。

紛失対象となる書類の正確な件数はわかっておらず、資料や過去のデータから5132件にのぼると見られている。

今回の紛失について、同社は2014年6月に同支店で書類の整理を行った際に誤って廃棄した可能性があると説明。書類の紛失に関する問い合わせなども寄せられていないという。

(Security NEXT - 2017/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
DV被害者の転居先情報含む書類を紛失、安全確保のため再転居 - 川崎市
高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
個人情報含むノートPCを都内で紛失 - 講談社
保育所で児童の画像含む記録メディアを紛失 - 大阪市
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 伊勢総合病院