Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「パスワード変更完了」偽通知メールに注意 - 「ウェブマネー」装うフィッシングが発生

電子マネー「ウェブマネー」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認された。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

20170324_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

今回確認されたフィッシングメールは、「ご登録パスワード変更完了のお知らせ」といった件名で送信されており、パスワード変更の確認通知メールを偽装。

実際はパスワードの変更など行われていないが、メールの本文では「自身で変更していない場合は盗用の可能性がある」などとだまして不安を煽り、偽サイトへ誘導していた。

3月24日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けて同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃について注意を喚起するとともに、同様の攻撃を発見した場合は同協議会へ情報を提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本語版「STOP. THINK. CONNECT.」のウェブサイトがリニューアル
2016年のフィッシング報告数、微減となるも1万件超 - 悪用被害ブランドが1.6倍に
利用者向けフィッシング対策ガイドラインが改訂 - メール中のリンクに注意を
カード会社装い「カードをロックする」と不安煽るフィッシング
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
偽Appleによるフィッシング攻撃が大量発生 - 半数以上でHTTPS接続
不正コピーの警告装い、Officeが利用できなくなるとだますメールに注意 - 偽サイトで情報詐取
5月のフィッシング報告数は386件 - 大半は「アカウントの不正利用」で不安煽る
2017年1Q、フィッシングサイトへ誘導されたユーザーが2割増
「ライン会社」名乗るフィッシング - 「アカウントが盗まれた」と不安煽る