Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS検証ツールにゼロデイ脆弱性、セキュリティ対策ソフトの制御奪取に悪用可能

同社は、システムを保護するセキュリティ対策ソフトの多数製品が、今回の攻撃に対して脆弱であると主張。セキュリティ対策のエージェントが、悪意あるエージェントに変わることから、二重スパイを意味する「DoubleAgent」と攻撃手法を命名した。

同社は「DoubleAgent」の影響について、セキュリティ対策ソフトは管理者の信頼のもと稼働するため、乗っ取られた場合、多岐にわたると述べ、マルウェア対策の無力化、ホワイトリストやブラックリストの不正操作、バックドアのインストールなどの可能性を指摘。

機密データの窃取やコマンド&コントロールとの通信、システムに対する破壊行為、正規プロセスの強制終了などのおそれがあると説明する。

さらに正規ファイルを悪意あるファイルとして認識させられ、悪意ある定義ファイルが作成された場合、組織内で定義ファイルを共有した場合はもちろん、フィードバックを受けたセキュリティベンダーが世界的に配布することがあれば、広範囲で誤検知によるサービス拒否が生じるとしている。

(Security NEXT - 2017/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明
スイッチ「Cisco Small Business 220」に複数の深刻な脆弱性
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
Adobe CC関連アプリに脆弱性 - 一部「クリティカル」も
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性 - SAMLで認証回避のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性76件を修正
MS、月例パッチで脆弱性93件に対処 - 盆休み重なる更新に注意を
PHPの「Exif」処理に脆弱性 - バッファオーバーフロー生じるおそれ