Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報処理安全確保支援士試験、初回応募者2.5万人 - 前回SC試験から2割減

情報処理推進機構(IPA)は、4月に実施するセキュリティ分野の国家資格「情報処理安全確保支援士」試験の応募状況を明らかにした。

「情報処理安全確保支援士制度(RISS)」は、セキュリティ対策の技能や知識を備えた人材を確保する目的で設けられた国家資格。通称「登録情報セキュリティスペシャリスト(登録セキスペ)」。情報システムの企画や開発、運用のほか、調査や分析、評価などセキュリティ面から組織を支援し、指導や助言を行う。

同機構では、4月16日に初回試験となる2017年度春期の情報処理安全確保支援士試験を実施する予定で、同試験の受検応募者数は2万5130人だった。

同資格の前身にあたる「情報セキュリティスペシャリスト」と比較すると、同試験最後となった2016年度秋期試験の受検応募者数は3万2492人で22.6%減となる。また前年同期に実施された情報セキュリティスペシャリスト試験の春期試験の応募者数2万6864人についても6.5%下回った。

(Security NEXT - 2017/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

仮想通貨取引所やウェブウォレットのアカウント情報がマルウェアの標的に
横国大とBBSS、家庭向けIoT機器のセキュリティ分野で共同研究
職員採用試験で受験者本人以外の全受験票を誤交付 - 静岡県
4月修正のOffice脆弱性、不正送金マルウェアの拡散に悪用される
情報処理安全確保支援士の合格率は16.3% - 平均年齢36.5歳
2017年春期の情報セキュマネ試験、合格率66.4% - 最年少合格者は10歳
講師が学生の個人情報含むノートPCを紛失 - 共立女子大
NEC、AIを活用した脅威分析システムをセキュリティ監視サービスに導入
日本語能力試験の受験者管理システムに不正アクセス - 受験者の顔写真が流出か
「情報セキュリティ先進県」目指す大分県がIPAと協定 - 目標は今後5年間で登録セキスペ100人輩出