Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報処理安全確保支援士試験、初回応募者2.5万人 - 前回SC試験から2割減

情報処理推進機構(IPA)は、4月に実施するセキュリティ分野の国家資格「情報処理安全確保支援士」試験の応募状況を明らかにした。

「情報処理安全確保支援士制度(RISS)」は、セキュリティ対策の技能や知識を備えた人材を確保する目的で設けられた国家資格。通称「登録情報セキュリティスペシャリスト(登録セキスペ)」。情報システムの企画や開発、運用のほか、調査や分析、評価などセキュリティ面から組織を支援し、指導や助言を行う。

同機構では、4月16日に初回試験となる2017年度春期の情報処理安全確保支援士試験を実施する予定で、同試験の受検応募者数は2万5130人だった。

同資格の前身にあたる「情報セキュリティスペシャリスト」と比較すると、同試験最後となった2016年度秋期試験の受検応募者数は3万2492人で22.6%減となる。また前年同期に実施された情報セキュリティスペシャリスト試験の春期試験の応募者数2万6864人についても6.5%下回った。

(Security NEXT - 2017/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年度秋期登録セキスペ合格者が発表 - 合格率19.4%
医学部卒業試験に患者情報、マスキング外れる - 富山大
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
庁舎内で狩猟免状が所在不明に - 神奈川県
ECサイトの顧客情報を盗まれ身代金を要求される - 日本経営協会
10月に「ShowNet」解説イベント - 脅威情報の収集活用がテーマのセッションも
「Drupal 8.7.4」に脆弱性 - 手動作業ともなう更新必要
秘書検定の答案が所在不明、再試験を実施 - 実務技能検定協会
登録セキスペ4月試験、合格率18.9% - 平均年齢36.1歳
工業技術総合研究所でメールを誤送信 - 新潟県