Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クレカ取引のセキュリティ対策強化、「実行計画2017」が策定

クレジット取引セキュリティ対策協議会は、「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画 2017」を取りまとめた。

同計画は、クレジット取引において国際水準のセキュリティ環境を整備することを目指し、クレジット取引に関わる事業者の役割や重点的に実施すべき取り組みについて取りまとめたもの。進捗状況を踏まえ、年度ごとに内容の見直しを実施している。

「実行計画2017」では、2016年12月に成立した「改正割賦販売法」を踏まえ、「実行計画2016」の進捗を反映させつつ改訂した。「カード情報の漏洩対策」「偽造カードによる不正使用対策」「ECにおける不正使用対策」を3本柱に推進する

漏洩対策では、「カード情報を盗らせない」ことを目的に、加盟店におけるカード情報の非保持化と、カード情報を保持する事業者の「PCI DSS」準拠を実現すべき目標に設定した。

偽造カードによる不正使用対策では、「偽造カードを使わせない」ため、すべてのクレジットカードと決済端末におけるIC対応を目指す。ECにおける不正使用対策では、「ネットでなりすましをさせない」を目的として、EC加盟店において本人認証やセキュリティコード、行動分析、配送先情報の活用など、多層的な不正使用対策を導入することを目標に掲げている。

(Security NEXT - 2017/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
2018年2Qのクレカ不正被害額、1.2億円増 - 番号盗用が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
クレカ不正取引、平均単価が正規取引の2倍以上になることも
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
クレカ被害、番号盗用の割合が8割超に - カード偽造被害は5.6%
2017年4Qのクレカ不正使用被害は59.6億円 - 2017年は前年比約1.7倍に