Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

47都道府県で演習「CYDER」実施 - 自治体職員が標的型攻撃の検知から回復まで体験

情報通信研究機構(NICT)は、サイバー攻撃に対する対応能力の向上に向けて、全国47都道府県で実践的サイバー防御演習「CYDER(CYber Defense Exercise with Recurrence)」を実施する。

国の行政機関や地方自治体の対応能力向上に向けた取り組みで、組織のネットワーク管理担当者などを対象に演習を実施するもの。

2016年度は、全国11地域において39回の演習を実施したが、受講希望者が多く、人数制限を行った経緯から、2017年度は開催規模を拡大。全国47都道府県において、あわせて100回の演習を予定しているという。

対象組織は、原則「国の行政機関」「独立行政法人」「指定法人」「地方公共団体」「重要社会基盤事業者」としているが、それ以外の組織であっても、空席がある場合は参加できるという。

受講者はチーム単位で演習に参加し、組織のLAN環境を模擬した環境下で、標的型攻撃によるインシデントの検知から対応、回復までの一連の流れを体験する。

(Security NEXT - 2017/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
サイバー防御演習「CYDER」、2018年度は一般事業者も受講可能に
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
重要インフラ13分野の横断的サイバー演習 - 2600人が参加予定
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
IPA、IoT製品開発指針を反映した教育教材を開発 - 情セ大で講座開講
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
日本初となるサイバーセキュリティ日米合同演習を実施 - 経産省
2018年度のセキュリティ関連予算概算要求額は727.5億円
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」