Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KPMG、グローバル対応のセキュリティアセスメントサービス

KPMGコンサルティングは、グローバルで事業を展開する企業向けにセキュリティアセスメントサービスを提供開始した。

同サービスは、海外に拠点や子会社を持つ企業に対して、フレームワークを用いてグローバル規模でのセキュリティアセスメントを実施するもの。

KPMGグループのリソースを活用し、プロジェクト管理をはじめ、拠点間や子会社との調整なども含めて支援するほか、KPMGインドテクノロジーセンターによるペネトレーションテストなども提供する。

20170306_kc_001.jpg
サービスの流れ(図:KPMGコンサルティング)

(Security NEXT - 2017/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
脆弱性検査ツール「Metasploit Express」、2019年6月にサポートが終了
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
米Norwich大の演習プラットフォーム活用した演習サービス - アライドテレシス
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
悪用難しいと思われた「Office脆弱性」、公表2週間でマルウェアに - Visa偽装メールで拡散
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス