Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェアと戦う高専生を資金や技術面で支援 - ラック

若年層のエンジニアを対象とした育成支援プログラム「すごうで」を展開するラックは、2017年度の支援対象者として千葉県在住の高専生を選出した。

同社では、2016年10月から2017年1月にかけて同プログラムへの参加者を募集。4件の応募があり、ランサムウェアによる被害に遭ったパソコンから、知識がなくてもデータを復元できるソフトウェアの開発を目指す企画を提案した木更津工専4年生の小高拓海さんを選出した。

小高さんは、実際にランサムウェアの被害に遭うも、バックアップからスムーズに復旧できた経験を持ち、知識がなくてもランサムウェアの被害から復旧できるよう、自動的にバックアップできる環境を実現するソフトウェアの開発を目指しているという。

同社では活動費用として100万円を上限に支援するほか、マルウェアに関する技術的な助言や試作ソフトウェアの検証などへ協力するとしている。

(Security NEXT - 2017/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位