Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータら、IoTセキュリティでアライアンス - フレームワークの提唱目指す

NTTデータなど5社は、IoTの活用に向けたセキュリティ技術の推進を実現する「セキュアIoTアライアンス(SIA)」を発足した。

同アライアンスは、IoTにおけるセキュリティ上の課題を分析。IoT製品のセキュリティを確保するフレームワークの策定を目指す組織。

半導体やデバイスのメーカーのほか、住宅や家電、自動車、工場、スマートシティなど、IoTに関連する企業が参加しており、ソフトウェアやハードウェア、サービス、ネットワークの各レイヤーにおけるセキュリティ対策の指針について検討する。

NTTデータ、積水ハウス、大日本印刷、ベンチャーラボ、SELTECHの5社がステアリングパートナーとして、IoT機器のセキュリティ対策技術に関する同アライアンス独自の仕様について策定を推進。

NTT、日本ユニシス、ビックカメラ、サーコム・ジャパン、図研エルミック、ThroughTekの6社は、スタンダードパートナーとして参加し、仕様に準拠したセキュリティ対策技術を搭載した製品の開発、製造を目指す。

(Security NEXT - 2017/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
戸籍謄本など不正入手、職員を懲戒免職 - 東京都
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定