Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータら、IoTセキュリティでアライアンス - フレームワークの提唱目指す

NTTデータなど5社は、IoTの活用に向けたセキュリティ技術の推進を実現する「セキュアIoTアライアンス(SIA)」を発足した。

同アライアンスは、IoTにおけるセキュリティ上の課題を分析。IoT製品のセキュリティを確保するフレームワークの策定を目指す組織。

半導体やデバイスのメーカーのほか、住宅や家電、自動車、工場、スマートシティなど、IoTに関連する企業が参加しており、ソフトウェアやハードウェア、サービス、ネットワークの各レイヤーにおけるセキュリティ対策の指針について検討する。

NTTデータ、積水ハウス、大日本印刷、ベンチャーラボ、SELTECHの5社がステアリングパートナーとして、IoT機器のセキュリティ対策技術に関する同アライアンス独自の仕様について策定を推進。

NTT、日本ユニシス、ビックカメラ、サーコム・ジャパン、図研エルミック、ThroughTekの6社は、スタンダードパートナーとして参加し、仕様に準拠したセキュリティ対策技術を搭載した製品の開発、製造を目指す。

(Security NEXT - 2017/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
「VMware Tools」に権限昇格のおそれ - アップデートがリリース
ID管理製品「RSA Identity Governance & Lifecycle」に深刻な脆弱性
高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
NEC製ルータやネットワークカメラに複数脆弱性 - 悪用には管理者権限必要
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
脆弱性緩和ツール「EMET」、7月31日にサポート終了 - 「Windows 7」環境などに影響