Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護委、オプトアウトによる個人データの第三者提供届出で事前受付

個人情報保護委員会は、オプトアウトによる個人データの第三者提供の届出について、3月1日より事前受付を開始する。

5月30日に改正個人情報保護法が施行となり、同法では個人データの不正流通対策として、オプトアウト手続きを行っていることなど、同委へ届け出ることを必要としたことから、事前の届け出について受け付けるもの。

オプトアウト手続きの届出の主な対象者は、いわゆる「名簿事業者」としており、名簿事業者以外の届け出が必要となるかは個別の判断となるとしている。

(Security NEXT - 2017/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
郵送アンケートで宛名シール二重貼り、他人の個人情報が透ける状態に - 倉敷市
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪南大
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
小学校で児童の指導資料が所在不明に - 神戸市
法令遵守支援の会員向けサイトに不正アクセス - 日本貸金業協会
個人情報含むメールを県内校へ誤送信 - 宮城県
メールによる個人情報流出、原因はDB編集ミス - 阪神タイガース
教員や学生の「Office 365」アカウントが乗っ取り被害 - 東京理科大
生徒の個人情報含む私物USBメモリを紛失 - 一戸町