Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報保護委、オプトアウトによる個人データの第三者提供届出で事前受付

個人情報保護委員会は、オプトアウトによる個人データの第三者提供の届出について、3月1日より事前受付を開始する。

5月30日に改正個人情報保護法が施行となり、同法では個人データの不正流通対策として、オプトアウト手続きを行っていることなど、同委へ届け出ることを必要としたことから、事前の届け出について受け付けるもの。

オプトアウト手続きの届出の主な対象者は、いわゆる「名簿事業者」としており、名簿事業者以外の届け出が必要となるかは個別の判断となるとしている。

(Security NEXT - 2017/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生や関係者の個人情報紛失、匿名で送付 - 共立女子大
ベビー用品通販サイトに不正アクセス - 過去にもDB侵害、協議中再発も
ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit
アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取
オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム
ネットストアに不正アクセス、クレカ情報流出 - 日本関税協会
県立高校で生徒個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
注意喚起で掲載した架空請求ハガキに個人情報 - マスキング不十分で
顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
マグネシウム製品の通販サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性