Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティコードなどクレカ情報が流出の可能性 - インテリア通販

家具やインテリアを取り扱うオンラインショップ「Re:CENO(リセノ)」が不正アクセスを受けたことがわかった。

同サイトを運営するFlavorによれば、顧客の個人情報が流出した可能性があることがクレジットカード決済会社からの指摘により11月16日に判明したという。

流出した可能性があるのは、2016年4月1日から同年11月14日にかけて同サイトでクレジットカード決済を利用した1万7085件のクレジットカード情報。クレジットカード番号や名義、有効期限、セキュリティコードが含まれる。決裁にクレジットカードを利用していない場合は影響を受けないとしている。

流出の可能性が判明後、カード決済を停止し、外部事業者が調査を進めていたが、最終的な報告書が1月18日に提出されたことを受け、事態を公表した。ウェブアプリケーションに脆弱性が存在し、不正アクセスを受けたのが原因だという。

同社では関連する顧客へメールで連絡を取っており、利用明細を確認して心当たりのない請求が行われていないか確認するよう注意を呼びかけている。

また同社は、カートシステムや決済システムへの変更、管理体制の強化、組織体制の再整備など再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2017/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
森永乳業の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
園芸振興センターの会員情報が流出、一時ダークウェブ上に - 宝塚市
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
健康情報サイトへの不正アクセス、個人情報流出を確認 - 尼崎市
不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン
児童や学生など含む個人情報約4万5000件が流出した可能性 - 前橋市
不正アクセスで認定医情報が流出か - 日本がん治療認定医機構