Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む帳票が所在不明に - 東邦銀

東邦銀行は、顧客情報含む帳票が所在不明になっていることを明らかにした。

同行によれば、石川支店において、渉外担当者が訪問時に顧客から預かった物件を記録する帳票を紛失していることが判明したもの。

2006年4月1日から2007年3月31日にかけて扱った帳票で、625人分の顧客情報が含まれる。氏名や口座番号、取次内容、取次金額、預り物件、返却物件、受取証交付の有無などが記載されていた。

同帳票は保管期間が10年と定められているが、期間の満了前に誤って廃棄した可能性が高いと同行は説明。紛失した情報の不正利用は確認されていないという。

(Security NEXT - 2017/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

福島原発事故の損害賠償請求者に関する個人情報を紛失 - 東電
患者情報が所在不明に、忘年会の荷物置場からなくなる - 横浜市立大病院
ふるさと納税の寄付者に関するマイナンバーなど個人情報を紛失 - 丹波市
未受領で返送されたマイナンバー通知カードを紛失 - 川崎市
住民の個人情報含む書類を紛失 - 杉戸町
顧客情報含むPCが帰宅途中に盗難 - ベンゼネラル
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県