Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セコムとKDDI、次世代通信「5G」で実証実験 - IoT時代視野に

20170223_sk_001.jpg
セキュリティシステムのイメージ(画像:セコム)

セコムとKDDIは、第5世代移動通信システム「5G」を活用したセキュリティシステムの実現に向けて、実証実験を共同で実施する。

セコムでは、ドローンをはじめ警備システムにIoTの活用を進めており、KDDIと共同で次世代通信システムである5Gを活用した実証実験を展開するもの。

5月より、ウェアラブルカメラをはじめ、5Gを活用した監視システムの画像中継実験のほか、災害発生時の情報収集や被災地支援活動を想定した実証実験を展開。

今後は、高速、大容量、多接続など5Gの特長を踏まえたサービスの創出を目指すという。

(Security NEXT - 2017/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コード改ざん起因の「Webmin」脆弱性を狙うアクセスを観測
10月に「ShowNet」解説イベント - 脅威情報の収集活用がテーマのセッションも
MS、脆弱性調査環境「Azure Security Lab」を新設 - 報償金は最高30万ドル
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
中小企業のセキュリティ強化に向けて実証事業 - IPA
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
PCとドローン間を電子証明書で認証 - セキュアドローン協議会
情報銀行向けプラットフォームで実証実験 - NTTデータ
中部電とDNP、「地域型情報銀行」の実証事業を開始