Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例セキュリティ更新プログラムの公開を延期 - 直前に問題発見

Microsoftは、2月の月例セキュリティ更新プログラムの提供を見合わせた。

2月14日は、定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあたり、同社でも月例セキュリティ更新プログラムの公開を予定していたが、同社によれば更新プログラムの公開直前に問題を発見したという。

公開までに問題を解消できず、更新によって一部利用者に影響を及ぼす可能性があるとして、更新プログラムの公開を延期した。

(Security NEXT - 2017/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ関連の修正6件含む「WordPress 5.2.4」がリリース
「Chrome 77.0.3865.120」がリリース - 重要度「高」の脆弱性5件を修正
MS月例パッチが公開、脆弱性59件を修正 - 悪用は未確認
脆弱性16件の修正含む「macOS Catalina 10.15」をリリース - Apple
「vBulletin」に複数脆弱性、パッチが公開 - 前回より2週間弱で
「EC-CUBE」向け決済モジュールに複数脆弱性
コード改ざん起因の「Webmin」脆弱性を狙うアクセスを観測
「Webmin」のソースコード改ざんで脆弱性、攻撃コード公開 - アクセス増加の観測も
ランサム身代金、FBIは支払いに否定的ながらも一定の理解
「IE」ゼロデイ脆弱性へ対処する定例外更新を再リリース - 不具合判明受け