Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SQLi攻撃」で最大13万件の顧客情報が流出 - 日販グループ会社

日販アイ・ピー・エスのウェブサーバが不正アクセスを受けた問題で、調査を進めていた同社は、クレジットカード情報など顧客の個人情報が外部へ流出したことを明らかにした。

今回情報流出が明らかとなったのは、同社が運営する海外在住者向けの通販サイト「CLUB JAPAN」、および雑誌の定期購読専門通販サイト「MagDeli」に登録されていた最大13万1936件分の顧客情報。

大半は会員のIDやメールアドレスだが、カード名義やカード番号、有効期限などクレジットカード情報30件や暗号化されていないログインパスワード38件も含まれる。また氏名や住所、電話番号、口座情報など「CLUB JAPAN」のアフィリエイト会員に関する個人情報317件も流出したおそれがある。

ウェブサーバの脆弱性を突かれ、「SQLインジェクション攻撃」を受けたもので、2016年12月23日から27日にかけて情報が流出したと見られている。

(Security NEXT - 2017/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

5月に通販サイトへ不正アクセス、クレカなど個人情報が流出か - 日本文化センター
FX取引サービスのM2Jに不正アクセス、顧客情報流出か - ログインPW流出は否定
スパリゾートハワイアンズの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
不正アクセスで問合顧客の個人情報が流出か - 日産化学工業
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 防犯カメラ通販サイト
東商マート、顧客情報流出の調査結果を報告 - 当初可能性を大幅に下回る規模
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 医療情報サービス会社
不正アクセス被害の住宅金融支援機構関連サイト、約3カ月ぶりに再開
国交省関連サイトから情報流出の可能性 - 「Struts 2」脆弱性突かれ不正プログラム設置
InterFMに不正アクセス、リスナーの個人情報が流出 - Twitter上への投稿で判明