Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Webmin」に複数のXSS脆弱性 - 1月初旬のアップデートで修正済み

ウェブインターフェースよりシステムを管理できる「Webmin」に複数のクロスサイトスクリプティングの脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同ソフトウェアにおけるエラーページの出力処理やデータベース編集機能にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2017-2106」が含まれていることが判明したもの。

同脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの米山俊嗣氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整。1月7日に公開された「同1.830」にて修正が行われた。さらにバグフィックスなどが行われた「同1.831」が1月31日に公開されている。

(Security NEXT - 2017/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 77.0.3865.120」がリリース - 重要度「高」の脆弱性5件を修正
macOS向け端末エミュレータ「iTerm2」に深刻な脆弱性
D-Link製アクセスポイントに複数脆弱性 - コマンド実行のおそれ
MS月例パッチが公開、脆弱性59件を修正 - 悪用は未確認
脆弱性16件の修正含む「macOS Catalina 10.15」をリリース - Apple
「vBulletin」に複数脆弱性、パッチが公開 - 前回より2週間弱で
「EC-CUBE」向け決済モジュールに複数脆弱性
「Webmin」のソースコード改ざんで脆弱性、攻撃コード公開 - アクセス増加の観測も
「IE」ゼロデイ脆弱性へ対処する定例外更新を再リリース - 不具合判明受け
「Elasticsearch」脆弱性狙う攻撃が増加傾向 - 仮想通貨発掘目当てか