Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックの次期代表取締役社長に西本逸郎氏

20170203_la_001.jpg
西本氏

ラックは、次期代表取締役に現取締役で最高技術責任者を務める西本逸郎氏を選出したと発表した。

同社によれば、今回の人事異動は事業環境の変化に対応したもので。セキュリティを軸とした事業展開を一層加速させ、企業価値の向上を図りたいとしている。

人事異動は4月1日付けで、現代表取締役社長の髙梨輝彦氏は同日付けで退任。取締役会長へ就任する予定。

西本氏は、政府のセキュリティに関する有識者会議の構成委員やセキュリティ関連団体の事務局長などを歴任。講演や執筆などセキュリティに関する幅広い活動で知られており、2013年に情報セキュリティ大学院大学の「情報セキュリティ文化賞」を受賞している。

(Security NEXT - 2017/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
車載ネットワークのハッキングコンテストで優勝 - イエラエ佐藤勝彦氏
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
イスラエル発の国際会議が国内初開催 - 軍関わる同国エコシステムの日本版に向けて議論
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
カルソニックカンセイら、自動車分野のセキュリティで新会社設立
「VirusTotal」にCylanceエンジン - 「WannaCrypt」検知で優位性に自信
ラック、新卒採用で新たな試み - CTF突破で「即!西本面接」
トレンドマイクロ、MSSとの協業強化 - IoT分野に注力