Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ciscoの家庭ネットワーク管理製品にリモート操作が可能となる脆弱性

米Cisco Systemsが提供するホームネットワークの管理製品に深刻な脆弱性が見つかった。

脆弱性が明らかになったのは、ネットワークへ接続された家庭内の機器を可視化する「Cisco Prime Home」。「同6.3」以降において、ウェブベースのインタフェースに用意されている認証がバイパスされる脆弱性「CVE-2017-3791」が存在するという。

細工したURLを用いて、リモートより管理者権限で操作が行われるおそれがあるという。重要度は4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」。同社では脆弱性を修正した「同6.5.0.1」を用意。最新版へアップデートするよう利用者へ呼びかけている。

今回の脆弱性について「同5.2」は影響を受けないが、同バージョンについては2016年11月に認証がバイパスされる同様の脆弱性「CVE-2016-6452」が明らかとなっており、アップデートとなる「同5.2.2.3」および「同5.1.1.7」がリリースされている。

(Security NEXT - 2017/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

キヤノン、複合機やプリンタ利用者に更新呼びかけ - 「WannaCrypt」感染のおそれも
「OpenVPN」に複数の脆弱性 - 早期にアップデートを
「Apache HTTP Web Server」に複数の脆弱性 - 最新版で修正
Linuxにroot権限を取得される脆弱性「Stack Clash」
「Drupal」に複数の脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
HPEのサーバ監視ソフト「HPE SiteScope」に脆弱性
「WordPress」用ジョブボード追加プラグインに脆弱性 - リモートから画像ファイルがアップロード可能に
バックアップソフト「Acronis True Image」の更新機能に脆弱性
WordPress向けカレンダープラグインにXSSの脆弱性
MS、国家関与などで脅威高まる脆弱性を公表 - 旧OSにパッチ供給、ゼロデイ脆弱性にも対応