Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システムエラーで個人情報がメール差出人情報に - FUJI-Wifi

レグルスは、同社が運営するモバイルWi-Fiルータのレンタルサービス「FUJI‐Wifi」においてシステムエラーが発生し、顧客の氏名とメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、1月25日10時ごろ、メール配信中のシステムエラーにより顧客の氏名とメールアドレスが流出したもの。1月24日にサイトをリニューアルしており、システムをアップデートしたばかりだったという。

カード決済に関する案内メールの配信中にシステムエラーが発生。カード決済エラーが発生した顧客の氏名とメールアドレスが、他顧客に対する「カード決済完了」または「カード決済エラー」の通知メールにおける送信元アドレスとして記載され、送信された。

同社ではシステムの不具合を修正。情報流出の対象となる顧客には順次連絡し、謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2017/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
県立体育センターでメール誤送信 - 神奈川県
「comico」で一部ユーザー情報が誤表示される不具合 - サービス開始時から
comicoで会員情報が流出 - 原因はシステム改修中の不具合
メール誤送信で顧客のメアドが流出 - アウトドアショップ
アマゾン、「ほしい物リスト」の検索機能を停止
バンナムのIDポータルで約3万4000件の不正ログイン - 100万回試行した形跡
メルマガ送信ミスで読者のアドレスなど流出 - 山口県東京事務所
玩具通販サイト「ハピネット・オンライン」で不正ログイン - クレカ情報の閲覧も
阪急阪神百貨店の通販サイトで不正ログイン2382件 - 一部クレカ情報も取得か