Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでクレカなど個人情報流出か – 電子たばこ通販サイト

電子たばこを取り扱う通販サイト「The Frienbr SHOP」が海外から不正アクセスを受け、クレジットカードを含む顧客情報が流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営するファングラーコマースによれば、流出した可能性があるのは2016年7月8日から8月5日までに、同サイトにおいて新規でクレジットカード決済を利用した顧客の個人情報最大578件。

ウェブアプリケーションの脆弱性を突かれ、クレジットカードの番号や有効期限、セキュリティコードのほか、氏名や住所などが窃取されたおそれがある。

2016年8月5日に、クレジットカード会社から決済代行会社を通じ、情報漏洩の可能性について指摘を受け、問題が発覚。同社ではカード決済を停止して、外部へ調査を依頼していた。

発表まで期間を要した点については、不確定な時点での情報公開は混乱を招くとの説明が決済代行会社からあり、発覚直後の発表は避け、調査結果などを待って発表したという。

同社では、脆弱性や管理体制の不備など、調査で指摘を受けた点について対策を進めているとしている。

(Security NEXT - 2017/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ECサイトのASPサービスに不正アクセス - 複数サイト顧客のクレカ情報が流出
不正アクセス被害の「B.LEAGUE」、4カ月ぶりにクレカ決済を再開
マネースクウェア・ジャパン、顧客情報約11万件の流出を確認
庁内システムへの不正アクセスなどで職員を処分 - 新潟県
関東財務局、顧客情報流出でM2Jに行政処分 - 新規口座開設を当面停止
M2J、顧客情報約2500件の流出が判明 - 1年前にも顧客情報約11万件が不正アクセスを受けた可能性
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス
投資情報サイトに不正アクセス、クレカ情報が流出か - 公表中止で混乱も