Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ruby用エディタに脆弱性 - アップデートがリリース

青少年向けプログラム教育の普及活動を行うRubyプログラミング少年団が提供するRuby用エディタ「smalruby-editor」に、OSコマンドインジェクションの脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同0.4.0」および以前のバージョンに、同ソフトが動作するシステムのコマンドが実行可能となる脆弱性「CVE-2017-2096」が含まれていることが判明したという。

同脆弱性は馬場将次氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。脆弱性を修正したアップデートとなる「同0.4.1」が公開されている。

(Security NEXT - 2017/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
「Docker」の既知脆弱性にPoC - 影響大きく更新状態の確認を
Android版「Outlook」に定例外セキュリティ更新
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートを
フルリゾルバ「Unbound」に任意のコードを実行されるおそれ
「Chrome 78.0.3904.108」が公開 - セキュリティ関連で修正5件
マカフィーのコンシューマー製品に脆弱性 - アップデートがリリース
システム制御製品「CX-Supervisor」の同梱「TeamViewer」に脆弱性
Adobe、複数製品向けにアップデートをリリース - 深刻な脆弱性を修正
三菱製シーケンサのCPUユニットにDoS脆弱性