Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ruby用エディタに脆弱性 - アップデートがリリース

青少年向けプログラム教育の普及活動を行うRubyプログラミング少年団が提供するRuby用エディタ「smalruby-editor」に、OSコマンドインジェクションの脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同0.4.0」および以前のバージョンに、同ソフトが動作するシステムのコマンドが実行可能となる脆弱性「CVE-2017-2096」が含まれていることが判明したという。

同脆弱性は馬場将次氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。脆弱性を修正したアップデートとなる「同0.4.1」が公開されている。

(Security NEXT - 2017/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
「Photoshop CC」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース