Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アタッシェケースにディレクトリトラバーサルの脆弱性 - アップデートが公開

HiBARA Softwareが提供するオープンソースの暗号化ソフト「アタッシェケース」に細工されたファイルを復号化すると任意のファイルを作成される脆弱性が含まれていることが判明した。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品の一部ファイル名の処理においてディレクトリトラバーサルの脆弱性「CVE-2016-7842」が存在することが明らかとなったもの。

細工されたファイルを復号すると、任意のファイルを作成されたり既存のファイルを上書きされるおそれがあるという。脆弱性は「同3.2.0.4」および「同2.8.2.8」に存在。以前のバージョンも影響を受ける。

今回の脆弱性は、古川和祈氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。脆弱性を修正した「同3.2.1.0」「同2.8.3.0」が公開されている。

また同ソフトから派生したMaruUo Factory製ソフトウェア「同for Java Ver0.60」のほか、iOS向けに提供されているアプリ「同Lite 1.4.6」「同Pro 1.5.7」も同様の脆弱性「CVE-2016-7843」が存在。アップデートとして「同for Java Ver0.62」「同Lite 1.4.7」「同Pro 1.5.8」がリリースされている。

(Security NEXT - 2017/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力