Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ機能を提供するSDKに脆弱性 - iOSに影響

ThreatMetrixのセキュリティ機能を実装するために提供されているソフトウェア開発キット「ThreatMetrix SDK」をiOSにおいて利用した際、中間者攻撃を受けるおそれがあることがわかった。アップデートが提供されている。

同SDKにSSLサーバ証明書を正しく検証しない脆弱性「CVE-2017-3182」が含まれていることが判明したもの。接続の安全性を検証せずに、ThreatMetrixのサイトと通信するという。

脆弱性は「同3.2」で修正されており、セキュリティ機関では最新版へアップデートするとともに、脆弱なバージョンを用いて開発したアプリケーションについても作製し直すよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース