Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の防犯登録カードを紛失 - イオン

イオンは、鈴鹿店の自転車売り場において、顧客情報含む防犯登録カードの店舗控えが所在不明になっていることを明らかにした。

同社によれば、2012年1月1日から同年9月22日の間に、同店で自転車の防犯登録を行った顧客の氏名や住所、電話番号が記入された防犯登録カードの店舗控えが所在不明になっているもの。

同社では、保管期間が経過した書類とあわせて廃棄した可能性があると説明。対象となる顧客の防犯登録については、防犯登録協会での登録が完了しており、引き続き同店にて対応が可能としている。

(Security NEXT - 2017/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先で顧客情報含む領収書を紛失 - 京葉ガス
採用内定者の個人情報含む資料が所在不明 - 国立病院機構
行政文書を誤廃棄、流出は否定 - 平塚市
復興マラソン関係者の個人情報含むPCが所在不明 - 仙台放送
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
報酬支払時に提出受けた書類を紛失、マイナンバーを記載 - 千葉県
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
小学校で施錠保管の家庭環境調査票が所在不明に - 大阪市
特別支援学級に関するノートが所在不明 - 大阪市
取引情報含むATM記録紙が所在不明 - 筑波銀