Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内セキュリティ製品の市場規模、2016年は2807億円 - 前年比4%増

2016年の国内セキュリティ製品市場規模は推定2807億円で、前年比4%の増加が見込まれるとの予測をIDC Japanが取りまとめた。

2016年上半期までの実績に基づき、ソフトウェアとアプライアンスを含めたセキュリティ製品の国内市場について同社が分析、予測したもの。

同社は、2016年のセキュリティ製品市場規模について、前年比4%増の2807億円と推定。そのうちセキュリティソフトウェア市場が2339億円。前年比4.2%増と見込んでいる。また2015年から2020年までの年間平均成長率を4.4%とし、2020年には2792億円に達すると予測した。

セキュリティソフトウェア市場において、顕著な成長が見られたのがSaaSサービス。173億円と市場に占める割合は小さいものの、前年比20.2%増と堅調だった。2015年から2020年の年間平均成長率も15.8%と高い伸びが期待されるとし、2020年の市場規模を299億円と見込んでいる。

2016年のセキュリティアプライアンス市場予測は468億円。ファイアウォールやVPNの成長が鈍化したこともあり、前年比3.2%増にとどまった。2017年以降はふたたび勢いを取り戻し、2020年の年間平均成長率を4.6%、2020年の市場規模は567億円と同社では予想した。

(Security NEXT - 2017/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
国内特権ID管理製品市場、前年度比10%増
国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
2017年度の国内DDoS攻撃対策サービス市場、前年度比28.9%増
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増