Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

iOS向けVoIPアプリ「ShoreTel Mobility Client」に脆弱性

iOS向けのVoIPクライアントアプリ「ShoreTel Mobility Client」に中間者攻撃を受けるおそれがある脆弱性が含まれていることが判明した。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

同アプリの「同9.1.2.101」および以前のバージョンにおいて、SSLサーバ証明書を正しく検証しない脆弱性「CVE-2016-6562」が含まれていることが判明したもの。マンインザミドル(MITM)攻撃により通信内容を盗聴されたり、改ざんされるおそれがある。

同脆弱性は発見者が2015年7月に報告したが、開発元のShoreTelでは、「同9.1.2.101」を1月3日にリリースしているが、同バージョンは脆弱な状態だったという。1月5日にもセキュリティ機能を向上させたとする「同9.1.3.109」がリリースされているが、同脆弱性が解消されているかはわかっていない。

(Security NEXT - 2017/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明