Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール送信ライブラリ「SwiftMailer」の脆弱性、Yiiに影響

メール送信ライブラリ「PHPMailer」「SwiftMailer」に脆弱性が見つかった問題で、Yiiの開発チームは同フレームワークにおける影響についてコメントした。

「PHPMailer」については「CVE-2016-10033」、「SwiftMailer」については「CVE-2016-10074」が明らかとなったもの。いずれもリモートよりコードが実行可能となる脆弱性で、ポーランドのセキュリティ研究者であるDawid Golunski氏が報告した。

これらライブラリを採用しているアプリケーションも多数存在し、利用者に不安が広がっており、CMSの開発チームなど、影響についてアナウンスしている。

Yiiの開発チームはこれら脆弱性に関し、「Swift Mailer」については、「Swift_MailTransport」「PHPMailer」といったクラスを利用してい場合に影響があると説明。攻撃者がメールの「Sender」および「From」部分を設定できる場合に、悪意あるコードを挿入することが可能となるとして対策を紹介している。

一方「PHPMailer」に関しては、脆弱性公表時に「PHPMailer」のウェブサイトを引用する形で、同フレームワークが利用していることへ言及があったが、開発チームは、同フレームワークにおいてこれまでに「PHPMailer」のコンポーネントを公式に提供したことはなく、バンドルしたこともないと説明。影響を否定している。

(Security NEXT - 2016/12/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも
「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 「Spectre」緩和策と同時に修正
VMware、「Spectre」対策で「VMware ESXi」などにパッチ提供
データベース管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性
PHPにセキュリティアップデート、7.0系のアクティブサポートが終了 - セキュリティサポートも12月3日まで
「ESXi」「Workstation」などにゲストOS向けの「Spectre」緩和策
アーカイバ「Lhaplus」に脆弱性、意図しないファイルが生成されるおそれ
EGセキュアら、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始
「vRealize Operations」や「Workstation」などVMwareの複数製品に脆弱性
Adobe、「Flash Player」のセキュリティアップデートをリリース