Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年3Qのフィッシング、3四半期連続で20万件超

2016年第3四半期に観測されたフィッシング攻撃は、20万1002件となり、3四半期連続で20万件を超えた。

EMCのセキュリティ部門であるRSAの不正対策指令センター(AFCC)が、2016年第3四半期に観測したフィッシング攻撃の状況について取りまとめたもの。

20161228_rs_001.jpg
フィッシング攻撃の推移(グラフ:EMC)

同四半期のフィッシング攻撃は20万1002件。過去最悪となった前四半期の51万6702件から大幅に減少した。しかしながら、10万件台前半で推移してきた従来の水準を大きく上回っており、2016年第1四半期に次いで過去3番目に多い規模となった。

フィッシングを受けた回数を国別に見ると、「米国」が前期に引き続き最多で、全体に占める割合は前期から6ポイント上昇して54%。2位以下は「カナダ(13%)」「スペイン(8%)」「インド(7%)」「南アフリカ(7%)」と続く。フィッシングサイトのホスト国では、「米国」が64%と突出している。前四半期から4ポイント増加した。

日本国内の状況を見ると、同四半期にホストされたフィッシングサイトは77件で、前四半期の9件を大きく上回った。前年と比較すると1割ほど多い状態で推移している。

(Security NEXT - 2016/12/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2016年のフィッシング報告数、微減となるも1万件超 - 悪用被害ブランドが1.6倍に
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
5月のフィッシング報告数は386件 - 大半は「アカウントの不正利用」で不安煽る
2017年1Q、フィッシングサイトへ誘導されたユーザーが2割増
2017年1Qのフィッシングは34%減 - 国内でホストされたサイトが10倍超に
4月にフィッシング報告が半減 - 誘導先URLや悪用被害のブランドも減少
「5358番ポート」や「22番ポート」へのパケットが増加 - JPCERT/CCが観測
2017年1Qのインシデントは4856件 - サイト改ざんが41%増
3月のフィッシング攻撃、報告減となるも誘導先URLは増加傾向
2016年の不正アクセス認知件数は1840件、前年比211件減 - 検挙数は増加