Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

楽天、BCRの承認を取得 - EEA域外への個人情報移転が可能に

楽天は、同社グループが策定した拘束的企業準則(BCR)が、12月24日にルクセンブルクのデータ保護機関より承認を取得したことを明らかにした。

同社のBCRについて、同国の「Commission nationale pour la protection des données」をはじめ、フランス、スペイン、イギリス、オーストリア、ドイツ、アイルランド、エストニアのあわせてEU8カ国のデータ保護機関より、適切な保護措置を備えているとして承認を得たもの。

日本はEUよりデータ保護について十分性認定を受けておらず、持ち出すことが違法となるが、同承認の取得により、同社グループにおいて欧州経済領域外へ個人情報の移転が可能となった。同社では、今回のBCR承認を踏まえ、2018年5月に施行される「データ保護規則(GDPR)」に向けて準備を進めているという。

(Security NEXT - 2016/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年度の個人情報漏洩は4380件、8割は誤送信や紛失
マイナンバー事故、2018年度は279件 - 「重大」3件
2018年の個人情報漏洩は443件、想定損害賠償総額は2684億円 - JNSA調査速報
ネット6社が「サイバー防災訓練」 、テーマは「アカウント」 - テーマ曲はみやぞんさん
5月最終週は個人情報保護を啓発する「Privacy Awareness Week」
SNSでの個人情報、匿名化利用で求める対価は月2500円
冷蔵庫内の片付けできる人は職場データも整理できる傾向?
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験