Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MyJVN バージョンチェッカ」が「Chrome」や「iTunes」などに対応

情報処理推進機構(IPA)は、利用しているソフトウェアが最新版か確認できるツール「MyJVN バージョンチェッカ」の対象製品を拡大した。

同ツールは、パソコンにインストールされているソフトウェアが最新版であるかチェックできるソフトウェア。今回、同ツールのチェック対象製品を拡大。「Google Chrome」「iTunes」「LibreOffice」のバージョンチェックに対応した。

JRE(Java Runtime Environment)がインストールされている環境ならば、同機構のウェブサイトから起動して利用することができる。また、JREが不要な「MyJVNバージョンチェッカ for.NET」も提供されている。

(Security NEXT - 2016/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
LINE、バグ報奨金プログラムに「寄付オプション」 - 報奨金と同額を上乗せ
「Oracle Tuxedo」に深刻な脆弱性 - 更新を強く推奨
シャープのロボット掃除機「COCOROBO」に脆弱性 - 不正操作のおそれ
Symantecのエンドポイント製品「SEP」に脆弱性
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
Cisco UCMなどのアップグレード機能に深刻な脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」の脆弱性62件を解消 - 10月にEOL迎えた「同XI」にも最終更新
MS、11月の定例パッチで53件の脆弱性を解消 - 一部脆弱性は公開済み
「Firefox 57」がリリース - 15件の脆弱性を修正