Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MyJVN バージョンチェッカ」が「Chrome」や「iTunes」などに対応

情報処理推進機構(IPA)は、利用しているソフトウェアが最新版か確認できるツール「MyJVN バージョンチェッカ」の対象製品を拡大した。

同ツールは、パソコンにインストールされているソフトウェアが最新版であるかチェックできるソフトウェア。今回、同ツールのチェック対象製品を拡大。「Google Chrome」「iTunes」「LibreOffice」のバージョンチェックに対応した。

JRE(Java Runtime Environment)がインストールされている環境ならば、同機構のウェブサイトから起動して利用することができる。また、JREが不要な「MyJVNバージョンチェッカ for.NET」も提供されている。

(Security NEXT - 2016/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Symantec Messaging Gateway」にRCEやCSRFの脆弱性 - アップデートで修正
「VMware NSX-V Edge」にサービス拒否の脆弱性
「Apache Tomcat」のキャッシュ処理などに脆弱性 - 既存のアップデートで対応済み
バッファロー製「WCR-1166DS」にOSコマンドインジェクションの脆弱性
「Adobe Experience Manager」に脆弱性、修正パッチがリリース
「Adobe Digital Editions」に深刻な脆弱性 - スマホ版にも影響
MS、月例セキュリティ更新で「緊急」25件含む脆弱性48件を解消
「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートがリリース - 深刻な脆弱性へ対応
「Adobe Acrobat/Reader」が脆弱性67件を修正 - 43件が「クリティカル」
バッファロー製無線ルータにRCEの脆弱性 - 修正ファームウェアを公開