Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「macOS Sierra 10.12.2」を公開 - 脆弱性71件を解消

Appleは、複数の脆弱性へ対処した最新OS「macOS Sierra 10.12.2」をリリースした。

今回のアップデートは、カーネルに関する7件の脆弱性やセキュリティに関する2件の脆弱性をはじめ、あわせて71件の脆弱性に対処したもの。

画像やテキスト、フォントなどの処理、Bluetooth、ディレクトリサービス、オーディオ、電源管理など多岐にわたる脆弱性を解消。また同日公開した「Safari 10.0.2」の修正も含まれる。

今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2016-1777
CVE-2016-1823
CVE-2016-4688
CVE-2016-4691
CVE-2016-4693
CVE-2016-5419
CVE-2016-5420
CVE-2016-5421
CVE-2016-6303
CVE-2016-6304
CVE-2016-7141
CVE-2016-7167
CVE-2016-7411
CVE-2016-7412
CVE-2016-7413
CVE-2016-7414
CVE-2016-7416
CVE-2016-7417
CVE-2016-7418
CVE-2016-7588
CVE-2016-7591
CVE-2016-7594
CVE-2016-7595
CVE-2016-7596
CVE-2016-7600
CVE-2016-7602
CVE-2016-7603
CVE-2016-7604
CVE-2016-7605
CVE-2016-7606
CVE-2016-7607
CVE-2016-7608
CVE-2016-7609
CVE-2016-7612
CVE-2016-7615
CVE-2016-7616
CVE-2016-7617
CVE-2016-7618
CVE-2016-7619
CVE-2016-7620
CVE-2016-7621
CVE-2016-7622
CVE-2016-7624
CVE-2016-7625
CVE-2016-7627
CVE-2016-7628
CVE-2016-7629
CVE-2016-7633
CVE-2016-7636
CVE-2016-7637
CVE-2016-7643
CVE-2016-7644
CVE-2016-7655
CVE-2016-7657
CVE-2016-7658
CVE-2016-7659
CVE-2016-7660
CVE-2016-7661
CVE-2016-7662
CVE-2016-7663
CVE-2016-8615
CVE-2016-8616
CVE-2016-8617
CVE-2016-8618
CVE-2016-8619
CVE-2016-8620
CVE-2016-8621
CVE-2016-8622
CVE-2016-8623
CVE-2016-8624
CVE-2016-8625

(Security NEXT - 2016/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Experience Manager」に脆弱性 - アップデートをリリース
「VMware Workstation」などに深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
【訂正あり】「Oracle Database」にあらたな脆弱性、一部バージョンは7月のパッチで修正済み
「Samba」に5件の脆弱性 - 制御奪取や情報漏洩のおそれ
LinuxカーネルのIPフラグメント処理に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも
VMware、脆弱性「Foreshadow」向けにパッチを用意 - 緩和策も
セキュリティアップデート「OpenSSL 1.1.0i」「同1.0.2p」がリリース