Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FireEye、セキュリティ管理を自動化するプラットフォーム - 招待制プログラムを展開

米FireEyeは、セキュリティ管理を自動化するセキュリティプラットフォーム「FireEye Helix」を発表した。招待制のプログラムを展開しており、一般向けのリリースは、2017年第1四半期を予定している。

同製品は、オンプレミスやクラウドにおけるセキュリティの運用管理を一元的に管理し、自動化するセキュリティプラットフォーム。

同社のエンドポイントセキュリティとネットワークセキュリティの検知技術を統合。さらに企業内に存在する他社のセキュリティ製品からのアラートも組みあわせることが可能。レスポンスの自動化し、脅威への対応時間を大きく短縮できるとしている。

(Security NEXT - 2016/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「IBM Watson for Cyber Security」がベータプログラム - 40組織が参加
トレンド、IoT機器を保護する家庭向けツール - LAN接続だけで利用可能
クオリティソフト、クラウド型セキュリティ管理ソフトに新版
マルウェア検知から隔離まで対応するエンドポイント対策製品 - ソリトン
日本プルーフポイント、インシデント対応の支援ソリューション
「NIRVANA改」、アラートの統計情報をグラフィカルに表示可能に
ジュピターテク、端末操作を記録監視する米Teramind製ソリューション
マクニカ、ブランド価値を毀損するリスクの可視化サービス
アプリ管理ツール「Applications Manager 7.1」がバージョンアップ - SOAPやOracleに対応
カスペ、法人向けにサービス11種を投入 - 大規模企業へアプローチ