Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3割が「アップデートしたくない」 - 通信速度やパフォーマンスへの影響懸念

アップデートを行わないとマルウェア感染のリスクが高まることを「詳しく知っている」と考えているユーザーは2割強に過ぎないことがカスペルスキーの調査でわかった。パフォーマンスへの影響でアップデートしたくないと考えるユーザーも3割にのぼる。

同社がインターネットで実施したセキュリティに関する意識調査で明らかになったもの。同調査は9月に国内の18歳から69歳のインターネット利用者を対象に実施。623人から回答を得た。

OSやソフトウェアのアップデートを行わないと、マルウェアに感染する可能性が高まることを知っているか尋ねたもので、「詳しく知っている」「聞いた事があるが、詳しくはわからない」「知らない」の3択から回答する。

結果を見ると、「聞いたことがあるが、詳しくはわからない」「知らない」をあわせると76.1%にのぼったという。同調査から、「ある程度知識がある」と考える中間層がどの程度存在するか判断できないが、「詳しく知っている」と自信を持って言い切れるユーザーは2割強にとどまることがわかる。

同様の質問をセキュリティ製品のユーザーと非利用者に分けてみると、セキュリティ製品のユーザーは「知らない」「詳しくはわからない」との回答は73.1%だが、セキュリティ製品を使っていない場合、91.3%と高い割合を示した。

ソフトウェアのアップデートについて、「必要なことなのですぐに行っている」との回答は6割。一方で「ネット通信速度やデバイスのパフォーマンスに影響するのでアップデートしたくない」と考えるユーザーも3割にのぼった。

(Security NEXT - 2016/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

改ざん起因の「Webmin」脆弱性に対するアクセス観測 - JPCERT/CCまとめ
「vBulletin」狙った改ざん攻撃 - 他攻撃者のコード実行は制限
コード改ざん起因の「Webmin」脆弱性を狙うアクセスを観測
ネットサービスの多要素認証、設定手順を解説 - IPA
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
「No More Ransom」が3周年 - 犯罪収益1.1億ドルを阻止
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
IPA、WAF導入時に検討すべき項目を整理