Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KPMGとラック、サイバーセキュリティ経営の支援ソリューションで協業

KPMGコンサルティングとラックは、企業における「サイバーセキュリティ経営」を支援するソリューションについて共同で開発、提供すると発表した。

今回の協業により、両社はそれぞれが持つ経営管理や監査、リスクマネジメント、セキュリティに関するノウハウを活用。「サイバーセキュリティ経営」を支援する「サイバーインテリジェントプラットフォーム」を開発、提供するという。

同プラットフォームでは、組織やサプライチェーンの管理、リスク分析、セキュリティ監査などマネジメントを支援する機能や、セキュリティや脅威情報の管理機能を提供。さらに経営者が運用状況をモニタリングするためのダッシュボードを用意している。

(Security NEXT - 2016/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、セキュリティ人材確保に向けたシンポジウム - エストニア元大統領や米サイバー軍元司令官も登壇
「記者会見」の印象をAIで解析する産学連携プロジェクト - 謝罪会見など分析
JNSA、2017年1月に都内でシンポジウムを開催 - ゲームを用いたワークショップも
「CS経営ガイドライン」に解説書 - 仮想事例で実践イメージ具体的に
セキュリティ専任者、外注や配置予定なしが半数超
メール誤送信で顧客のメアドが流出 - やる気スイッチグループHD
「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」、7年ぶりに改訂 - 経営への影響なども解説
投資ファンドが「Intel Security」を取得、Intelと新会社「McAfee」設立
無償で利用できるサイト脆弱性検出ツールを解説 - IPA
委託先システムからクレカ情報など流出 - 歯科経営コンサル会社