Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KPMGとラック、サイバーセキュリティ経営の支援ソリューションで協業

KPMGコンサルティングとラックは、企業における「サイバーセキュリティ経営」を支援するソリューションについて共同で開発、提供すると発表した。

今回の協業により、両社はそれぞれが持つ経営管理や監査、リスクマネジメント、セキュリティに関するノウハウを活用。「サイバーセキュリティ経営」を支援する「サイバーインテリジェントプラットフォーム」を開発、提供するという。

同プラットフォームでは、組織やサプライチェーンの管理、リスク分析、セキュリティ監査などマネジメントを支援する機能や、セキュリティや脅威情報の管理機能を提供。さらに経営者が運用状況をモニタリングするためのダッシュボードを用意している。

(Security NEXT - 2016/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

情セ大、情報セキュリティ文化賞の受賞者6名を発表
コインチェック、業務改善報告書を金融庁へ提出
日本CISO協会、新代表理事にぴあCISOの上村達也氏
政府、重要インフラの安全基準に関する指針改訂でパブコメ実施
金融庁、コインチェックに業務改善命令 - 顧客対応や原因調査が不十分
【特別企画】柔軟性高いSOCと機械学習がもたらす速攻検知 - Managed Cyber GateとVectra Networks社製品の導入事例
元社員が経営幹部などの求職者情報を持ち出し - リクルート関連会社
政府主催サイバー対策イベントのドメインにアダルト広告サイト
「Cyber3 Conference 2015」の報告書が公開
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず