Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KPMGとラック、サイバーセキュリティ経営の支援ソリューションで協業

KPMGコンサルティングとラックは、企業における「サイバーセキュリティ経営」を支援するソリューションについて共同で開発、提供すると発表した。

今回の協業により、両社はそれぞれが持つ経営管理や監査、リスクマネジメント、セキュリティに関するノウハウを活用。「サイバーセキュリティ経営」を支援する「サイバーインテリジェントプラットフォーム」を開発、提供するという。

同プラットフォームでは、組織やサプライチェーンの管理、リスク分析、セキュリティ監査などマネジメントを支援する機能や、セキュリティや脅威情報の管理機能を提供。さらに経営者が運用状況をモニタリングするためのダッシュボードを用意している。

(Security NEXT - 2016/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデントと向き合うSOC、快適な労働環境作りに注力するベンダー
カルソニックカンセイら、自動車分野のセキュリティで新会社設立
政府「サイバーセキュリティ2017案」で意見募集 - セキュリティ重視の経営を促進
政府、サイバーセキュリティの研究開発戦略について意見募集
情報漏洩インシデント時における広報対策セミナー - JSSEC
デロイトトーマツと日大、クライシスマネジメント分野で連携 - 政策提言なども視野に
GMO-PG、役員3名を減俸処分 - 「不正アクセスはセキュリティマネジメント体制に起因」
4社に1社がインシデント被害を経験 - 半数超が脆弱性突かれた被害
専任CISO設置の国内企業、3割満たず - 欧米と2倍以上の開き
中小企業の6割、従業員教育「実施していない」 - セキュリティポリシー用意は14%