Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KPMGとラック、サイバーセキュリティ経営の支援ソリューションで協業

KPMGコンサルティングとラックは、企業における「サイバーセキュリティ経営」を支援するソリューションについて共同で開発、提供すると発表した。

今回の協業により、両社はそれぞれが持つ経営管理や監査、リスクマネジメント、セキュリティに関するノウハウを活用。「サイバーセキュリティ経営」を支援する「サイバーインテリジェントプラットフォーム」を開発、提供するという。

同プラットフォームでは、組織やサプライチェーンの管理、リスク分析、セキュリティ監査などマネジメントを支援する機能や、セキュリティや脅威情報の管理機能を提供。さらに経営者が運用状況をモニタリングするためのダッシュボードを用意している。

(Security NEXT - 2016/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
「シンガポール支店」開設で海外事業を拡大 - ラック
JNSA、「経営者のための情報セキュリティ対策」を公開 - 「ISO 31000」を例に解説
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
政府、今後3年間のサイバーセキュリティ戦略案 - パブコメ実施
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「CISOハンドブック」が公開 - 経営視点に立った業務執行ノウハウを収録