Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KPMGとラック、サイバーセキュリティ経営の支援ソリューションで協業

KPMGコンサルティングとラックは、企業における「サイバーセキュリティ経営」を支援するソリューションについて共同で開発、提供すると発表した。

今回の協業により、両社はそれぞれが持つ経営管理や監査、リスクマネジメント、セキュリティに関するノウハウを活用。「サイバーセキュリティ経営」を支援する「サイバーインテリジェントプラットフォーム」を開発、提供するという。

同プラットフォームでは、組織やサプライチェーンの管理、リスク分析、セキュリティ監査などマネジメントを支援する機能や、セキュリティや脅威情報の管理機能を提供。さらに経営者が運用状況をモニタリングするためのダッシュボードを用意している。

(Security NEXT - 2016/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GMO-PG、役員3名を減俸処分 - 「不正アクセスはセキュリティマネジメント体制に起因」
4社に1社がインシデント被害を経験 - 半数超が脆弱性突かれた被害
専任CISO設置の国内企業、3割満たず - 欧米と2倍以上の開き
中小企業の6割、従業員教育「実施していない」 - セキュリティポリシー用意は14%
サプライチェーンリスク、8割弱が認識 - 対策状況把握は「直接委託先のみ」が6割
IPA、産業サイバーセキュリティセンターの運用を開始 - 模擬プラント演習なども
トレンドマイクロ、MSSとの協業強化 - IoT分野に注力
過去5年間に8.6%が営業秘密漏洩を経験 - 損害1000億円以上のケースも
NEC、「セキュリティ経営ガイドライン」踏まえたコンサルサービス
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者6名を発表