Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会員向けサイトで個人情報を誤表示、システム不具合で - JRA

日本中央競馬会(JRA)は、会員向けサイト「Club A-PAT」において個人情報の誤表示が発生したとして、一時的にサービスを休止した。現在は再開している。

20161212_jr_001.jpg
会員向けサイト「Club A-PAT」

同サイトは、競馬の投票内容を照会したり、成績の閲覧、キャンペーンへの応募など行うことができる会員向けサービス。

JRAによれば、12月3日、4日に、同サイトにログインした会員2人の個人情報が、それぞれ別の会員2人のページに表示される不具合が発生したという。JRAでは、5日からサービスを一時停止し、調査を進めていた。

ログインしている会員を識別するためのプログラムに不具合があったもので、サイトで新規登録を行うか、ログイン後に特定の操作を行った場合に不具合が発生する状態だった。

JRAでは、今回の不具合について、同サイト内の「キャンペーンエントリー」「個人情報変更」の処理において、アクセス集中時にまれなタイミングで発生するものと説明。同サービス内の「投票照会サービス」などには影響なかったとしている。

JRAでは、不具合を解消したうえで、9日15時より「個人情報変更」以外の全サービスを再開。また個人情報が誤表示された会員には、個別に対応している。

(Security NEXT - 2016/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高速道路の情報板に「ミサイル落下情報通行止」と誤表示 - NEXCO西日本
雑貨通販サイトでシステム不具合 - 顧客情報の誤表示など発生
通販サイトで顧客情報を誤表示 - FBアカウントによるログインで不具合
プログラムミスで健診受診表1万7000人分に表記ミス - 富山県高岡市
アサヒグループの3サイトで顧客情報の誤表示が発生
「JR九州アプリ」に他人の会員情報が表示される不具合 - 原因を調査中
個人情報を誤表示、アクセス集中による不具合で - うみの杜水族館
タイムセールの申込集中で個人情報を誤表示 - QTNet
学校説明会予約システムに不具合、他人の個人情報が表示 - 鷗友学園女子中高
Kaspersky製品利用時にWindowsが警告を誤表示する現象 - 原因は調査中